リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市

施工エリア

千葉市 中央区 緑区 若葉区
稲毛区 美浜区

市原市 袖ヶ浦市 木更津市

長柄町 長南町 大多喜町
千葉県全域

リフォーム,住宅リフォーム,費用,価格,外壁,屋根,瓦,棟,フェンス,耐震,キッチン,トイレ,エクステリア,

リフォームのリニューアル工房シンテックス(工務店):キッチン・外壁・瓦・屋根・耐震:千葉市・市原市 の トップページへ戻る
強風による被害で倒れた
ブロックとフェンスをリフォーム


駐車場の拡張リフォーム

<お客様のご要望>

ブロック塀の上に立てたフェンスが、強風によりフェンスとブロックの一部が倒れてしまったので、直してほしいとご依頼をいただきました。


<施工ポイント>

今回依頼のあった強風被害にあった箇所だけでなく、今後さらに被害が見込まれそうな箇所も含めてリフォームさせていただきました。


<工事の流れ>
リフォーム前のブロックとフェンス
重機で掘削
ブロック解体
測量とブロック積み
ブロック積みとフェンス柱立て
フェンス取付、境界杭



リフォーム前のブロックとフェンス
リフォーム前のブロックとフェンスリフォーム前のブロックとフェンス

倒れたフェンスはブロックごと倒れていました。
これだけ損傷が激しいことから相当な強風だったことがうかがえますね。


リフォーム前のブロックとフェンスリフォーム前のブロックとフェンス

建築した時期が古く、ブロック塀は軽量ブロックで厚さ10cm、鉄筋は10mm程度の細い物を使用など強度が弱い状態でした。
お客様の被害に合ったブロック塀は道路に沿ってクランク状になっています。


リフォーム前のブロックとフェンス

全長のブロック塀とフェンスは20mですが、今回工事する範囲はフェンスが倒れて被害が合った箇所と今後被害が見込まれそうな箇所としました。
工事範囲は半分の10mとして工事に入ります。





重機で掘削

今回の様に道路に面しているブロック塀で敷地内地面が高い場合、そのままブロック塀を解体すると、敷地内の地面が道路側に崩れ、交通の傷害になります。
ですから、最初にブロック塀の敷地内を掘り下げ、土を寄せておいてからブロックの解体に入ります。

重機で掘削

ブロック塀とフェンスを造り直す箇所の解体をする前に、解体箇所の土を寄せていきます。



重機で掘削重機で掘削

工事範囲のブロックに沿って重機で掘り進めます。
井戸ポンプが有り、配管が近くにあるかもしれないので途中で掘削を止めました。





ブロック解体

道路に面したブロック塀の解体工事で、解体物のブロックや内部の鉄筋が道路側に散らばることがあります。
以前の工事で通行の邪魔にならないように片付けしながら工事を進めていましたが、たまたま一時的に仮置きした鉄筋で通りかかった車に傷を付けてしまった事がありました。
解体したら、早めに片付を行いご迷惑をお掛けしないよう努力しております。


ブロック解体ブロック解体

ブロック塀の敷地内掘削が終わったのでブロック塀を解体していきます。
道路に面しているため解体したブロック破片や鉄筋などでご迷惑をお掛けしないように、解体後はなるべく早く処分します。


ブロック解体ブロック解体

ブロック塀の解体もほぼ終了です。
重機で掘削しているとき、ブロック塀の近くにある井戸ポンプ配管を破損させてしまいました。
直ぐに補修して使用できるようにしましたが、今後同じような事か起きないように新しくした配管はブロックから離し敷地内側に少し移動しました。


ブロック解体ブロック解体

ブロック塀の解体は終わりました。


ブロック積みとフェンス柱立て

一部残っているブロック塀の基礎を解体して終了です。





測量とブロック積み

今回工事するブロックから先は私道であり、お客様を含め所有者同士で道路の幅を4m以上にする協定が結ばれていました。(建築基準法第42条第1項第5号)
そこで、測量図に沿って工事箇所の境界を測定し直し、お客様の工事箇所を明確にしてからブロック積みをすることにしました。
工事開始前には市役所へ行き状況確認も行いました。


測量とブロック積み

各所を測量してもらい工事用の杭を打ってもらいます。



測量とブロック積み測量とブロック積み

道路の中心線より2m離れた位置に杭を打ってもらうと、今までのブロック塀が道路側に出ていたことになります。
お客様と確認し、この杭より敷地側にブロック塀を建てることにしました。
砕石を敷き固め、型枠を組み鉄筋を仮置きしました。


測量とブロック積み測量とブロック積み

ベースコンクリートを打設してから、ブロック1段目を積み始めました。




ブロック積みとフェンス柱立て
ブロック積みとフェンス柱立てブロック積みとフェンス柱立て

ブロックにモルタルをのせブロックを重ねていきます。
ブロックには縦と横の鉄筋を入れて積みます。


ブロック積みとフェンス柱立てブロック積みとフェンス柱立て

ブロック積みは、あと1段です。
ブロックが積み終わりました。


ブロック積みとフェンス柱立てブロック積みとフェンス柱立て

フェンス柱を立て、ブロック天端を仕上げて行きます。
柱がしっかり固定してからフェンス本体を取付けることになります。




フェンス取付、境界杭

フェンス取付、境界杭フェンス取付、境界杭

柱がしっかりと固定したのでフェンス本体を取付けました。
また道路幅が狭く曲がっているため見通しが良いタイプとしました。


フェンス取付、境界杭フェンス取付、境界杭

以前の目隠しタイプのフェンスだと、コーナーを曲がってから対向車を確認しましたが、今回からはフェンス超しに確認できるため通行も安全になりました。


フェンス取付、境界杭フェンス取付、境界杭

敷地内も新しく積んだブロック際まできれいに整地しました。


フェンス取付、境界杭

お客様が協定通り道路中央から2m以上の道路幅を確保している事を確認する意味で、最後に再測量して杭打をしてもらいます。



フェンス取付、境界杭

道路中央から離れた境界位置を始点や交差点を示す矢印と途中の丸杭で示しています。



フェンス取付、境界杭フェンス取付、境界杭フェンス取付、境界杭

ブロック塀コーナー部分はクランク状になっているため、注意喚起で反射板も取付け工事終了となりました。

工事の要所要所でご確認頂きながら作業を進めましたので、終了後にお客様から『相談から工事終了までありがとうございます。』という言葉を頂きました。


【リフォーム概要】
■所在地 :千葉県市原市
■施工期間:10日間
■概略費用:約100万円
右この施工例の詳細はこちらから代表ブログでチェック
お問合せ

千葉中央ビルダーネットのロゴ

千葉中央ビルダーネットはトステムフランチャイズチェーンの「田仲トーヨー住器」が運営する地域の優良工務店ネットワークです。

千葉中央ビルダーネットでは、地域でまじめにがんばる優良工務店の施工例や最新イベント情報を紹介しています。


提供:ホームページ制作SEO対策担当e売るしくみ研究所